HOME > 充電器開発トップ > 製品情報 > カーバッテリーチャージャー

製品をクリックすると拡大画像がご覧頂けます。

カーバッテリーチャージャー製品概要

業務用充電器「SP1シリーズ」は、自動車用のみならず、船舶や農機に 搭載されているバッテリーにも適した充電器です。
12Vバッテリーを一度に1個から最大4個までの充電が可能で、 バッテリーサービスステーションでの補充電にも最適です。 (一度に充電が可能なバッテリーの数量は機種により異なります)

【SP1-24-10Z、SP1-24-20ZT、SP1-24-25ZS】
この3機種は、強力ブースト機能付きのため、突然のバッテリー上がりや 寒い冬の朝でもエンジンスタート補助が可能です。

用途

■自動車用開放形鉛バッテリーの普通充電
■農家、船舶関係、整備工場、ガソリンスタンド、バッテリー販売店
■アイドリングストップ車用バッテリーの充電にもおすすめ

特長

【全機種共通】
■ノーヒューズブレーカーによる過電流保護装置を装備し、面倒なヒューズ交換は不要
■軽自動車から大型車、農機・重機・船舶用のバッテリーまで幅広く普通充電が可能。

【SP1-24-10Z、SP1-24-20ZT、SP1-24-25ZS】
■強力ブースト機能付きでエンジンスタート補助が可能。見やすいランプ付きメーターの採用で夜間の充電作業の利便性大。

【SP1-24-25ZS、SP1-35-20DT、SP1-75-15DT】
■電流調整は可変方式を採用しており、任意に適した充電電流の設定が可能。

【SP1-24-20ZT、SP1-35-20DT、SP1-75-15DT】
■タイマー設定(手動)により、自動的に充電が終了するため、取扱いが簡単。

仕様

定格と仕様/型式 SP1-24-10Z SP1-24-20ZT SP1-24-25ZS
交流入力
(50/60HZ)
電圧±10% 単相100V 単相100V 単相100V
電流(約) 3.05A 3.75A 11.0A
直流出力 電圧 6/12/24V 6/12/24V 6〜24V
定格電流(最大)
バッテリー負荷
4/8/7.5A
(5/10/10A)
2/10/10A
(3/20/20A)
0〜25A
(25A)
ブースト電流(最大) 40A 85A 100A
適合バッテリー
(開放形鉛バッテリーのみ)
バイク用10時間率
自動車用5時間率
容量 2~96Ah
(バイク用開放形)
(自動車用開放形)
2~120Ah
(バイク用開放形)
(自動車用開放形)
2~180Ah
(バイク用開放形)
(自動車用開放形)
電圧 6V/12V 6V/12V 6V/12V
個数 6V時=1/2/4
12V時=1~2
6V時=1~4
12V時=1~2
外形寸法(mm) 高さ×幅×奥行 195×250×215 211×280×250 211×280×250
質量(kg) 7 10 10
コード長(m) 電源用 2.5 2.5 2.5
充電用 2 2 2
備考 直流電流計付
電流調整器付
6Vバッテリー
アダプター付
直流電流計付
電流調整器付
6Vバッテリー
アダプター付
12時間タイマー付
直流電流計付
電流調整器付

定格と仕様/型式 SP1-75-15DT SP1-35-20DT
交流入力
(50/60HZ)
電圧±10% 単相100/200V 単相100/200V
電流(約) 15.0/7.5A 12.0/6.0A
直流出力 電圧 6〜75V 6〜35V
定格電流(最大)
バッテリー負荷
15A 20A
ブースト電流(最大) - -
適合バッテリー
(開放形鉛バッテリーのみ)
バイク用10時間率
自動車用5時間率
容量 10~176Ah
(バイク用開放形)
(自動車用開放形)
10~176Ah
(バイク用開放形)
(自動車用開放形)
電圧 6V/12V 6V/12V
個数 6V時=1~9
12V時=1~4
6V時=1~6
12V時=1~3
外形寸法(mm) 高さ×幅×奥行 310×400×300 310×400×300
質量(kg) 29 26
コード長(m) 電源用 2 2
充電用 2 2
備考 直流電圧計付
直流電流計付
15時間タイマー付
直流電圧計付
直流電流計付
15時間タイマー付

【ブースト機能適合表】

SP1-24-10Z SP1-24-20ZT SP1-24-25ZS
12V車 大型車
普通車
小型車
軽乗用車
24V車 大型車
普通車
小型車

安全上のご注意

充電器には適合する電池が指定されています。適合外への充電その他の用途には絶対に使用しないでください。充電器が過熱・発煙・発火したり、バッテリーの液漏れ・発熱・爆発の原因となります。
エンジン始動補助(ブースト)機能については、取扱説明書をよくお読みのうえ使用してください。
・バッテリーの状態によっては、エンジン始動補助(ブースト)を行うと車両に不具合が生じる可能性があります。
・エンジン始動補助(ブースト)による連続充電は絶対におやめください。
充電器が過熱・発煙・発火したり、バッテリーの液漏れ・発熱・爆発の原因となります。
詳しくは、こちらをご覧ください。


ページのトップへ戻る